<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

手乗り文鳥ならぬ

なんか別室にいる2人という感じ。

b0066881_11481189.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-08-18 11:51

霧島

高千穂牧場へ。
緑がきれいで、少し目が良くなったかも。
ここでもビールが美味しかった。
(って毎日飲んでます。ごめんなさい。)

b0066881_11352221.jpg


牛です。
まあ、こういうところでは良く見ます。
乳搾りも体験できますが、集合時間に間に合いませんでした。
ヨーグルトや牛乳やチーズも売ってました。
チーズのほとんどは、スーパーのものと一緒で、ちょっとがっかり。
とにかく、牛はずーーっとくちゃくちゃと食べてます。

b0066881_1147328.jpg


帰りの道すがら、桜島が見えました。
これは青がきれいで、また少し目が良くなりました。
桜島の恐竜公園、お勧めです。

b0066881_11382467.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-08-18 11:36

温泉帰り

実家の近くは、つげ義春が立ち寄りそうな小さな温泉街があります。
その中でも新しいグリーンランドに行ってきました。
その帰り、お腹が空いたので近くの「レストラン岡倉」に
入ってそれぞれランチを注文。

b0066881_11224543.jpg


!!!!!とにかくご飯の量が多い多い多い!
旦那が頼んだウナギ丼定食は1/5くらいしか減らすことができなかった。
息子にいたっては、まくらのような巨大カレーに果敢に挑戦するものの
目の前に立ちはだかる白米の山を制覇することはできなかった・・。

b0066881_1124991.jpg


ちなみにこちらは、私が頼んだ寿司定食850円。
ネタはさておき、味もさておき、とにかくボリュームは物凄い。
恐いもの見たさ、とにかくたくさん食べたい、という方にお勧めです。
(きゅうりがデカイ!)

b0066881_11432824.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-08-18 11:34

プール

町のプールです。
スライダーなんかもあって、ちゃんと流れるプールになってます。

都会ほど、あれこれうるさくないので
帽子もどっちでもいいし、プールサイドで
お菓子なんかも食べました。

子供達は閉館まで遊び、ゆるりとした時間を過ごしました。

b0066881_1624974.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-08-16 16:07

鹿児島

さて、鹿児島です。
ゴヂラが出発して3日後、残りの4人も出発です。

昼過ぎに行くつもりが
あれやこれやと準備や片付けで
高速に乗ったのが夜9時をまわってました。

深夜到着したけれど、すぐにみんな起きてきて
さっそくにぎやかなお出迎えをしてくれました。

何よりも、玄関を入ってすぐにいい匂い。
これがあなた!美味しいんです。昔ながらの味なんです。
ばあちゃんが毎年つけている塩だけの梅干しです。

b0066881_15564956.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-08-16 16:03

小学3年生の夏休み

福岡から鹿児島行きの高速バスに乗り
初のひとり旅を果たした息子ゴヂラ。

3時間半のバスの旅を満喫し?
無事、鹿児島のじいちゃんが待つバス停へ到着した。

「すぐに電話してね。」という私の言葉を守って
到着してすぐに電話が来た。
意気揚々としていたけれど、どこか落ち着いた声で
「今ついた。すぐにじいちゃん分ったよ。じゃあね。」と言って切れた。

まあ、心配には及ばんというところか。
次は北海道へ飛行機だぞ。

b0066881_15484638.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-08-16 15:56

思うこと

わが子が生きていくであろう、この日本と世界の将来について。
今現在、イラクで逃げまどう子供たちについて。
アフリカで戦士として騙され教育されている、いた子供達について。
親に捨てられ、殺された子供たちについて。
親を殺した子供たちについて。

それらを計画的に仕向けた大人たちについて。
それらを知っていてどうすることもできなかった大人たちについて。
自分たちさえ良ければ・・と関係ないふりをする大人たちについて。
そんなことは全く知らされず、幸せに暮らしている人たちについて。

子供たちは、何ひとつ悪くはないのだ。
いつの時代でも、大人の鏡となって輝いているのだ。

アフリカのスラム街で活動している友人の話を聞くたびに
日本の子供達にも重なってしまう事柄がいくつもあることにいつも驚かされる。
すぐに何かが変わるわけではない。すぐに何かができるわけでもない。
小さな小さな毎日の積み重ねなのだと、今更ながら気付かされる。


やはり、世界を救うのは「お笑い」なのだ。
どんな時でも、大きく笑いとばせる気持ちの余裕なのだ。
そんな大きな人間になれるように日々頑張りまーーーっす。

おしまい。

b0066881_1391695.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-08-01 13:31