<   2005年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

誕生日

今日は、まん中の娘ミニラの5歳の誕生日です。
b0066881_1652063.jpg


お決まりのケーキを焼き
お決まりに生クリームをみんなでなめ
お決まりでろうそくをフーーーってしました。
b0066881_1654575.jpg

b0066881_1662444.jpg

b0066881_167316.jpg


ピンクが大好きなので、こんな色合いのお花を買いました。

これで、やっと赤ちゃん返りから目を覚ましてくれそうです。
はぁ〜〜長かったぁ。

最近少しずつ、一番下のクマリの世話をしたり面倒をみたりしてくれてます。
まぁ、2歳しか違わないのでいたしかたない、と涙をこらえて
彼女の赤ちゃん返りと戦ってきましたが、本当に5歳が来てよかったよかった。
[PR]
by chandoradora | 2005-11-27 16:03

アジアトリエンナーレ

今週末は、アジア美術館へ子供たちと
アジアトリエンナーレのイベントを観に行ってきました。
http://www.ffac.or.jp/news/136_top_msg.html

b0066881_1411850.jpg


「パパが、シンガポール人となにかゴニョゴニョするらしいよ。。。」と
子供たちと噂をしながらの会場入り。
アートパフォーマンスのひとつに、彼も出演するらしい。

プロレスをモチーフにしたパフォーマンスの中での司会者役。
覆面をかぶったパパの登場に、子供たちは大興奮!!
いつも母ちゃんにいぢめられているパパが
こ、こんなことをするだなんてぇ〜〜と狂喜乱舞。
一番チビっこが途中で「おしっこぉ〜」と言うので
幕間をねらって退場・・そのあとのが見られなかったぁ〜
覚悟はしていたけど、せっかくだから全部観たかったなぁ。

家に帰ってからもパパのモノマネをする子供たち。
「あれで、いくらくらいもらえるの?」と長男。
「交通費くらいじゃない。」と言うと
「ふぅん、そうなんだぁ。」とクールに答える。

なかなかめったに楽しめない不思議な一日でした。
[PR]
by chandoradora | 2005-11-26 14:47

子供会の催しモノ

子供会で、秋のピクニックが開催されました。
うちのマンションの裏は、都会にしてはめずらしく深い森が広がっています。
そして、マンションのとなりは手付かずの原っぱがあります。

今日は、みんなで森のゴミ拾いをした後
お芋やどんぐりパンを焼いて、クリスマスのリースを作りました。

どんぐりにも色々な種類があるんですが
ちょっと細長いのは、アクが少なくて炒って食べることができるそうです。
地域の先輩お母さん達が、それを粉にしてパンに混ぜて、どんぐりパンを作ってくれました。
b0066881_16131396.jpg


パン生地を竹の棒にぐるぐる巻いて、炭火でゆっくり焼きます。
アクセントにちょっと炒ったどんぐりの砕いたのをぱんの表面にくっつけます。

本当に美味しい!
焼きたてはもちろん、どんぐりって食べられるんだぁ〜という感動と
その香ばしい触感に感激!すごいですねぇ〜!!

そして、最後は原っぱに生えているツタをぐるぐる巻いたり
その辺の葉っぱや木の実をデコレーションして今年のクリスマスリースを作りました。
子供たちもツタを使って縄とびをしたり、ゴム飛びのような遊びをしたりして
たくさん遊びました。さっそくどんぐり拾って食べてみようっと。(食いしん坊万歳!)
b0066881_1620998.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-11-20 16:12

ギンギラ太陽's

またまた本です。

昔、オリーブの創刊とともにオリーブで育った自分だけど(オリーブ少女??)
数年前に編集長が男性に変わって、見開きが右左反対になって
なんだか今までのイメージがめちゃくちゃになってからは
この「装苑」が愛読ファッション雑誌です。
b0066881_1557663.jpg


いつものように、この雑誌をスーパーで買ってパラパラながめていたら・・・
んにゃ?大塚さんだ。
ん?ギンギラが見開き4ページにもわたって特集されとる!すごぉ〜〜!
イラストはショウちゃんだしっ!すごぉ〜〜!
みんな元気で頑張っているんだなぁ〜。
b0066881_15585648.jpg

b0066881_1559546.jpg


昔、この劇団で福岡タワーのかぶりものを旦那がかぶっていたのを
思い出しました。。。
[PR]
by chandoradora | 2005-11-20 15:52

任意の点

これは、面白いです。
子供たちを怒りまくって、ふと心を沈めたい時に良く使います。
そして、よく効きます。
b0066881_15505891.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-11-20 15:50

「サザンがキューン!」

「スタンドアリィナァ〜〜〜 イェ〜〜イイ!!」

今回のブログタイトルは
コピーライターの友人の作品です。

そうです!ザザンです!行ってきました!!
ぎりぎりのギリギリでチケットが取れたと連絡があり
早速パパのスケジュールを押さえ、子供たちの面倒を
コピーライター友人の御主人と共にうちで見ていてもらう段取りをしました。

パパたちが飲んで騒いで、子ども達も楽しい時間が過ごせるように
ごちそうを用意し、ビデオを用意し、準備万端家を出ました♪

極めて駐車場を探すのは大変だろう、と時間に余裕をもって出かけたのにもかかわらず
見つからない、見つからない、全然車を停められないぃ!!
結局、ふた駅ほどの距離のコインパーキングに車を停めてタクシーで会場へ。
家から持って来たビールを飲み干し、ドームの中へ。
b0066881_16313682.jpg


デビューからのおつき合い。
ファンクラブに入るという程の熱の入れようではないホドホドのところで
いつも大好きでおりました。ケースケさん、やっぱりあんたはエロイイ男!
また来るからねぇ〜〜!!


帰りは、主婦2人で飲んだくれて帰りました。
ま、たまには母ちゃんも若返らせておくれよ。
[PR]
by chandoradora | 2005-11-19 16:24

木登り

木の上にボールがひっかかった。
さて、どうする。

別のボールを投げて落そうと試みたり
太い木をみんなで押して枝をゆらそうとしたり
子供たちの行動が面白い!

最後は、身軽な男の子が昇って枝をゆらしたら取れました。
めでたしめでたし。
b0066881_1547249.jpg



ん?
ついでに、ミニラも木登りデビュー!
気持ち良さそーーー!
b0066881_1549216.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-11-18 15:47

痛いってば

久しぶりに、指を切ってしまいました。
夕方の忙しい時間、ニンジンと格闘して負けました(涙

いつもは薬を入れているバックにカットバンのひとつやふたつ入っているんだけど、
子供たちが遊びで使っていたようで、全然ないっ。
おーい、こういう時に困るんだよぉ〜!!

大袈裟にガーゼとサージカルテープで処置しました。
もちろん、お茶碗洗っていたらすぐにグズグズになって・・・使いものにならん!

b0066881_15422618.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-11-18 15:42

秋の風景

いつも水汲みに行く温泉の近くで
8匹の子犬とそのお母さん犬を見かけた。

ミニラとクマリがいつまでもそこから離れず
子犬に夢中になっている。

お母さん犬は、とっても痩せていて
くさりでつながれているので、きっと誰かが世話をしているんだろうけれど
物凄くお腹を空かせているようで、落ち着きがない。
小屋の近くにあった洗面器にお水をあげると
ものすごい勢いでゴクゴク飲んでいた。
車に残っていたおにぎりを少しやると、それもあっという間に平らげた。

おっぱいをあげているから、お腹も空くし咽もかわくのか・・。
それにしても痩せ過ぎているように見える。

数匹はその辺をうろちょろして
数匹は小屋の中で寝ていて
数匹は小屋の外で折り重なるように身を寄せながら寝ている。

そろそろ木枯らしが、冷たく感じる季節。
みんな元気でね。

b0066881_14503112.jpg

b0066881_1541265.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-11-16 14:57

また、忘れた。

b0066881_11432330.jpg

いつの間にか今年も終わっていたのですね。>佐賀バルーンフェスティバル

昔、山形のとある農村の村起こしで、熱気球大会が開かれた。
友人の知合いに、熱気球のチームを持っている人がいて
一緒に遊びに来ないか、とさそわれたので
「山形と言えば日本酒じゃん!」と日本酒目当てに山形へついて行った。

空には、幾重にも風の層があって、高度を変えることで
その風に乗り方向を変える、そして目的の場所に的を落して競技をする。
そんな悠長な乗り物が熱気球なのです。

空へ行くのに、シートベルトも窓も背もたれも何もない。
「ただ、カゴに入る」それだけなのだ。ホントそれだけ。
過保護化された乗り物の中で、こんなにアバウトなものは他にないだろう。

「空ですよ、空に行くのにアバウトなんですよ〜〜〜!」と自慢したくなる。
五感を刺激しまくりで六感までひねり出されちゃう。それが熱気球。


実際に山形の収穫が終わった田んぼを会場に大会が開かれた。
早朝と夕方が、風の動きが熱気球に最適らしく、2度気球を膨らました。

「乗ってイイよ。」とパイロットのお兄さんに言われた。
昨日、一緒に飲んだくれていた人とは思えないキリリとした顔つきで
テキパキと気球に空気を送り込んで膨らまし、バーナーを操作している。

ドキドキの初熱気球体験。。。

もう、これが、あなた、ほら、あれ、なんつーか、すごい!すごすぎます!!
音のない世界。(厳密にはバーナーの音だけなんだけども)
しーーーんと静まり返った世界に、鳥たちは飛んでいるのねぇ〜
お!鳥が目の前に飛んでいる・・飛んでいる!!

地上では、気球をサポートするために車で追跡する。
風の方向を読んで進行方向を決めて動く気球相手に
車は、道を探して、空には気球を探してとにかく追跡する。

目印を目的地の近くに落して、競技を終えると
今度は、気球の着地場所を探す。
山形の田園地帯で、収穫が終わった田んぼはとにかく広い。
どこでもいいようで、パイロットのお兄ちゃんは真面目な顔で着地点を探している。
バーナーを調節して少しずつ降下し、風の向きを読んで場所を探す。

ザザッ!と着地。

地元の人達が、まるで空から宇宙人でも降りてきたような顔で
集まってくる。子供は驚きのあまり声が出ていない。
やっと状況を判断してもらい、拍手喝采。。。子供はまだ口があいている。

一度だけ、乗せてもらった熱気球。
また、機会があれば乗りたいなぁ〜。

山形の地酒は、むちゃくちゃ美味しかったというお話でした。チャンチャン。
[PR]
by chandoradora | 2005-11-16 12:09