<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

pecori night

ゴリエ!最高!!!
みなさま、良いお年をお迎えください。

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
             |
             |
   □         □           □
  □□□       □□□         □□□
[PR]
by chandoradora | 2005-12-31 22:23

今年もお世話になりました。

もうすぐ今年も終わります。
ちょっとしんみりしちゃうこの感じが好きです。

あれをもちっと頑張って
これをもちっと精進して
それをもちっと工夫して

なんて来年の抱負を胸にだき
今年一年、いろいろとお世話になった皆様に
感謝感激雨霰などを進呈しつつ
また、来年もこんな喜怒哀楽はっきりして
わがままでおっちょこちょいな私におつき合い
くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
チントンシャン♪

b0066881_2473369.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-12-30 02:48

もちつき

25日のクリスマス。
マンション恒例のもちつき大会がありました。

2日前から、係の人がおでんや漬け物やもち米の準備をして
当日も朝早くから中庭で火をおこし、お米を蒸かします。
b0066881_13333132.jpg

まず、薪で火をおこしたら、釜とうすにそれぞれ
お神酒と塩をそなえ、事故のないようにと願います。
b0066881_13301056.jpg

b0066881_1330196.jpg

男性群はメインのもちつきを
女性群はひっくりかえしたり、もちを丸めたりします。
昔ながらの役割分担には合理的でありながら
きちんとした意味があるというのが分かります。
こどもたちは、きゃっきゃとはしゃぎながらも
危ない場所を教えてもらい、大人の姿を見ながら社会のあり方を学びます。
b0066881_13364640.jpg

b0066881_13365842.jpg

おもちをつつんで、各部屋に配って今年も無事に終わったことに感謝して
来年もまたみんなが幸せでありますようにと願います。
b0066881_13411567.jpg

管理費で立派な門松も飾ってなかなか本格的なこのマンションの人達。
常に近所の人がこどもに声をかけてくれて大切にしてくれます。

火遊び大好きなご近所さん、いつもありがとぉ!
[PR]
by chandoradora | 2005-12-27 13:20

全自動洗濯機

b0066881_11364682.jpg


これが、我が家の1日分の洗濯物(少ないバージョン)です。
外は雪で干せないので、部屋の中でムンムンしてくれてます。

これが乾いたら畳んで、それぞれの引き出しにしまって・・・と
毎日エンドレスで続いていきます。

食事は外食にたよったり市販のもので手抜きができますし
お風呂や掃除なんかは別に1日2日なくても大丈夫(汗

しかし!!!
この洗濯ものだけは、病気であろうが具合が悪かろうが
背中がかゆかろうが、足がしびれていようが、容赦なく毎日毎日毎日増殖します。
そして、それは「洗う」「干す」「畳む」「しまう」という
4段階に分かれていて、すべてを完了してはじめて「洗濯終わり」と
胸をはって笑顔で宣言できるしろものなのです。

自分の場合「洗う」「干す」までは楽しいし大好きです。
嫌いな「畳む」「しまう」をうっかり先延ばしにしてしまうと
巨大な山ができあがり、そしてそれは手をこまねいている間にも
どんどんと成長を続ける「魔物」に変身してしまうのですっ!

そこへ来客でもあろうものなら・・・


「全自動洗濯機」というネーミングは、是非訂正していただきたいと思う師走です。
[PR]
by chandoradora | 2005-12-26 11:46

飯寿司

b0066881_11351089.jpg

北海道では「いずし」と言います。

サケやタラなどの魚と一緒に
野菜を漬け込むお漬け物です。
炊いたお米を入れてその酵母菌の発酵で
甘みが出て美味しく漬けられるんです。

子どもの頃から大好きで良く食べてましたが
九州ではなかなかお目にかかれない食べ物でした。
昔は、ばあちゃんが大量に「サケバージョン」と「タラバージョン」と
もうひとつふたつ別のバージョンを樽で漬けていて
「今日はどれにしよっかなぁ〜」なんて樽を覗きながら
チョイスするという、なんとも贅沢三昧なお子さまだったのです。

自分で漬けるにしても、極寒地域でしか漬けられないので
いつもお正月が近づくと「食べたい病」に侵されてました。

今回、北海道からの荷物に市販ではありましたが入ってましたぁ〜(涙
ほとんど1人でボリボリ食べてしまいました〜感激!(ごめんよ父ちゃん
[PR]
by chandoradora | 2005-12-26 11:36

ゴヂラ誕生日

ベートーベンと同じ日生まれです。

母ちゃん歴も9年目に入るんですなぁ。(しみじみ

子どもを通して社会の色々なものが見えてきました。
子どもと接して人間の色々なものが見えてきました。
子どもと暮らして食の大切さを実感させられました。

人間社会において「子どもの存在」というのは
大人にとっての素晴らしい学習材料であるということを発見しました。
テレビやビデオなど家庭の娯楽がなかった時代
子どもを見ていることがひとつの楽しみだったのかもしれません。
b0066881_11121643.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-12-26 11:22

今宵みなさまにっ!

☆☆☆ハッピーメリークリスマッス☆☆☆

サンタさんが来ますよーに♪
b0066881_21585584.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-12-24 21:59

クリスマス発表会

土曜日、保育園のクリスマス発表会がありました。
まあ、毎年のほほんとした劇や楽器の演奏があって
「本当に先生は大変でしたぁ〜ありがとぉ〜」と言って終わるんですが
今年の5歳児のクラス(うちのミニラ)の劇で、
狼役の子のセリフがちょっと気になりました。

「おい、そこのチビブタッ!!」
「バカども」

まぁ、これだけでは良く分からないでしょうが
狼役はいわゆる悪者なので恐い感じを出したかったのでしょう。
でも、子どもの劇は普段の園での遊びの延長です、という
園長先生のご挨拶から見ても、言葉づかいがとっても気になります。

もちろん、アニメなどでこれくらいの暴言ははいているでしょう。
でも、先生がこの言葉で子ども達を指導しているかと思うと
いつも「人にバカなんて言ってはいけませんよ。」と教えている
自分の場合、どうやって子どもに説明していいのか分からなくなります。

「おい、そこのチビブタくん!」
「きみたちぃ」

こんなんではダメだったのしょうかねぇ〜。

b0066881_15133780.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-12-19 15:21

りんごりんごりんご

b0066881_1544946.jpg

外観が凄かったから
建物全部がりんご関連のお店が入っているのか・・と
思いきや、1Fのワンフロアだけでした。

まあ、福岡にはヨドバシの一角にしかなかったから
この場所にできたというだけでもヨシとしましょうか。

今回は、2Fのスタバで人と待ち合わせだったので
オープンしたてを道路からちょろっとのぞいただけでしたが
次回はゆっくり中を観覧しに行こうっと。

それにしても「りんご」がデカッ!
b0066881_1543327.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-12-19 15:09

おねぎ

ベランダでは寒くなってきた植木鉢を台所に持ってきました。
夏の暑さで枯れてしまったワイヤープランツの鉢に
お料理した残りのねぎの根っこを差してみました。

今では、写真よりも立派に育って
お味噌汁にそのままつまんでちぎって入れてます。
こんな感じで台所に畑があったらいいなぁ。
b0066881_13505097.jpg

[PR]
by chandoradora | 2005-12-14 13:57